非接触式(レーザー) VTLG

新たな標準厚み計
VTLG(長い測定深さ)
VTLG(長い測定深さ)

フォルマー社は新たに刺激的なレーザー式非接触でストリップ厚を測定する装置を提供致します。
独特な測定方法によって圧延機に対し高い精度(±1um)、サンプリング(50kHz)を満たすことができ、 冷延圧延機に最も適した厚み計です。 もちろんAGCが必要とされる圧延機でも十分対応致します。

VTLG(表面)
VTLG(表面)

VTLGシステムはレーザー式の厚み計の中で唯一圧延機で使用できる測定器です。
これによってフォルマー社はお客様に生産と品質保証において新しい可能性を開くことができます。

圧延機のみならず、材質に無関係な接触式厚み計が用いられたメッキライン、特殊材生産ライン、仕上げ、検査ラインなど 様々な場所で使用することができます。

シンプル且つ安全

測定ウインドと光線経路保護のための自動空気洗浄システムと革新的な温度補償は、過酷な環境下でも 高い精度を確実にします。使用するレーザーは保護クラス3Bなので、特殊な光線保護ガードは必要でありません。

測定原理

非常にコンパクトなCフレーム先端部上下のセンサー部でレーザーによってストリップ表面との距離を測定します。 それからそれぞれの測定距離からストリップ厚を演算します。

上下2つのセンサーが絶対的に同期して動作することは、高精度な測定を実現するのに重要です。 それらは、コンパクトで丈夫なCフレームに取り付けられ、ライン外からストリップの端まで自動的に移動します。 50kHzのサンプリング周期による偏差測定出力は、ミリ秒以内の高速AGC向けの信号として利用できます。
VTLG(調整ステーション)
VTLG(調整ステーション)

安定した測定精度

安定した測定精度を実現するために自動校正機能を実現しました。Cフレームが待機位置から測定位置へ移動するたびに その移動中に校正装置が自動的に作動し、通過するだけで校正されます。したがって、常に高精度な測定が可能となります。